プログラミング教育の悩み

親は小学校プログラミング必修化の準備できてない!今やるべき3つの準備とは

2020年の教育改革の一貫で、小学校でプログラミング教育が必修化されます。

しかし、世の中のママにとってそれは不安や心配の種になっています。

  • わが子が授業についていけるのかな?
  • 事前に準備や対策はしなくていいの?
  • プログラミング教室に通わせた方がいいの?
こういった悩みを2人の息子を持つ私が解決していきます‼

結論から言うと、小学校のプログラミング教育の準備・対策は必要です。

ですが、いきなりプログラミング教室に通う必要もなく、まずは家でできる範囲で教育していくことも可能です。

 

完全に小学校でプログラミング必修化が始まる2020年までにお子さんと準備や対策を始めれば、メリットが多くあります。

  • お子さんがプログラミング授業についていける。
  • 周りの子とプログラミング能力に大きな差ができる。
  • お子さんがプログラミングに対して興味を持つ可能性がある。

 

この記事では実際に私がやったことのある準備を紹介しています。

全国のママが準備するべき3つのこと

まずは親の意識を変えてプログラミングを知る。

私もそうでしたが、親の世代はプログラミングについて全く知りません。

ですが、子どもにプログラミング教育をさせていく上で、初めは親がお子さんの背中を押してあげないといけません。

そんな時に『プログラミング教育がどういうものか』理解する必要があります。

さらに今の子ども世代に必要なスキルは私達の頃とは変わってきています。

なので常に新しい情報を受け入れるように心がけないと、時代に取り残されてしまいます。

タブレット、パソコンを持たせてあげる

私は2人の息子にタブレットを持たせて触れさせるようにしています。

しかし、子どもにタブレットやパソコンを持たすのに抵抗のある親が多いのも事実です。

  • タブレットばっかり触ってしまいそう
  • 目が悪くなるんじゃないか
  • 変な知識や情報を知ってしまう
確かにそういった不安や抵抗は分かります。でもそれ以上にメリットの方が多いと私は思うんだよね‼

例えば、子どものうちにタブレットやパソコンに触れることのメリットはたくさんあります。

  • 自分で物事を調べる能力が身につく。
  • タイピング能力がつく。
  • プログラミング教材として活用できる。

今の時代、会社に入ってからパソコンを使うのは当たり前になっています。

もはや小学校、中学校、高校とプログラミングが必修化される現在、パソコンやタブレットを使えないと困ってしまうケースが増えています。

そうならないために、私のところでは子どものうちに慣れさせるようにしています。

 

子どもにパソコンを持たせる家庭が増えていることもあり、

子どものパソコンやタブレットの使いすぎるといった悩みの声から、日本のパソコンメーカーからは『子ども用のパソコン』も発売されています。

『子ども用のパソコン』の何が凄いかと言うと、

  • 便利な学習ソフトが付いている
  • 有害サイトの除外機能
  • 使用制限(夜になると電源オフ)
  • 目に優しいディスプレイ

こういうママさんの悩みを解決してくれるパソコンも発売されています。

『子ども用のパソコン』は私も買いたくなって、夫と相談中です笑

家でできるプログラミング教育をやってみる

これからの時代の子どもは『手順を練って、行動して、反省点を見る』といったプログラミング的思考が急激に伸びると言われています。

それはなぜなら小学校でプログラミング的思考を全員学ぶからです。

逆に考えると、この能力を伸ばすことが大切になってきているということなんですね‼

 

そこでオススメなのが家でできるプログラミング教育です!

日々の生活で少しずつ準備・対策をしていくことが大切になってきます。

家でできるプログラミング教育は後で紹介しているので参考にしてみてください。

家でできるプログラミング教育3選

①絵本でプログラミング的思考に触れる

初めは子どもに「プログラミングに興味を持って欲しい」「プログラミング的思考を学ばせたい」というママさんにおすすめなのが絵本です。

最近ではAmazonでプログラミング的思考を学べる絵本が売れていたり、注目されています。

まだ小さいお子さんなら、”読み聞かせ”でもいいですよ‼
絵本のメリット
  • 気軽にすぐに始められる
  • プログラミング的思考を楽しく学べる
  • 小さいお子さんでも読み聞かせできる

②無料で学べるアプリや学習サービスを活用する

アプリや学習サービスは以下のママさんにおすすめです。

  • 実際に子どもにプログラミングに触れさせながら、プログラミング的思考を学ばせたい
  • 子どもに本格的なプログラミングスキルを養わせたい
こういう時ってプログラミング教室に通わせるしかないんでしょ?
初めからプログラミング教室に通う必要はないんです。

近年は子供でも学習しやすいプログラミングアプリや、プログラミング学習サービスが多数リリースされているのです。

プログラミングを簡単に学べる無料アプリであれば、スマホやタブレットでも使えますし、かなり便利で注目されています。

アプリや学習サービスのメリット
  • 自宅でもどこでも活用できる
  • 実際にプログラミングスキルを学べる
  • 子どもも楽しく積極的になってくれる

プログラミングトイ(おもちゃ)やロボット教材で遊ぶ

プログラミングトイ(おもちゃ)やロボット教材は一番、子どもが楽しんで利用してくれます。

プログラミングブームともあり、小学生や幼児向けのプログラミングトイやロボットが多数販売されています。

こういった教材はプログラミング的思考を鍛えるにはもってこいなのです。

私の子どもが実際に使ったのが、

この3つはかなりお気に入りだったようです。

プログラミングトイやロボットは難しくはないので、親子で一緒に使うことで、初心者のママにとっても勉強になります。
プログラミングトイやロボットのメリット
  • 子どもが熱中しやすい
  • プログラミング的思考をかなり鍛えられる
  • タブレットやパソコンがなくても利用できる

プログラミング教室に通う必要はあるのか?

多くのママが悩んでいることであろう「子どもをプログラミング教室に通わせるかどうか」について解説していきたいと思います。

小学校ではプログラミングスキルを学ばない?!

お子さんにプログラミング教室に通わせる必要性について説明する前に、
小学校のプログラミング必修化にありがちが誤解を説明していきたいと思います。

 

プログラミング必修化と聞くと、パソコンを使ってプログラミングスキルを学ぶとイメージされると思います。

しかし、小学校で2020年から必修化されるプログラミング教育は、本格的なプログラミング言語の使い方を学ぶわけではないんです。

 

じゃ、何を学ぶのかと言うと、小学校では下の2つを学びます。

  • 身の回りにIT技術が溢れていることを知り、興味を持つこと
  • プログラミングをする上で役立つ”考え方”を身に付ける。

と、こんな感じでガチガチなスキルを学ぶわけではないと言うことを知っておきましょう。

ママは小学校のプログラミング必修化を誤解してる?内容や実態を徹底解説2020年、ついに小学校で必修化される『プログラミング』ですが、まだイマイチ分かっていないというママさんも多いでしょう。 ...

小学校の授業に付いていくにはプログラミング教室に通う必要ない

小学校のプログラミング必修化の内容について知った上で、

小学校のプログラミング教育にお子さんが付いていくために、プログラミング教室に通う必要性はないです。

なぜかと言うと、小学校とプログラミング教室では学ぶことが違うからです。

  • 小学校⇨プログラミング的思考を学ぶ
  • プログラミング教室⇨プログラミングスキルを学ぶ

小学校の授業に付いていくために、プログラミングスキルは必要ないのです。

確かにプログラミング教室に通えば、プログラミング的思考も養うこともできますが、そのためだけに高い授業料を払って通わせるのは勿体無いですよね。

小学校の授業に付いていくためだけなら、家でできる範囲のプログラミング教育で十分に対応できます。

【補足】将来、プログラミングスキルの需要が増える

小学校・中学校・高校とプログラミング必修化が導入されたのもある理由があります。

それは『深刻なIT人材不足』です。

2020年には37万人のIT人材が不足し、2030年には約90万人ものIT人材が不足すると言われています。

そういったこともあり、今の時代の子どもが大人になる頃にはプログラミングスキルは重要とされています。

 

他にも、将来、プログラミングスキルが重要になると言われる理由の1つに『受験にプログラミングを導入』される流れがあります。

ほとんどのお子さんが”受験”というものを経験すると思うのですが、この受験にプログラミングが導入されれば、無視できなくなりますよね。

受験にプログラミングが導入されるのは確定ではないけども、現実味を帯びて生きています。

昔に英語が必修化され、受験にも導入されたのと同じ流れで、プログラミングでも起こる可能性はあるよってことだね‼

子どもの将来を考えたら、プログラミング教室も視野に入れるべき


(参照:LITALICOワンダー)

将来、子どもの人生を考えると、プログラミングは切っても切れない存在になってきています。(英語の同じように)

  • 深刻なIT人材不足
  • 受験にプログラミングが導入される可能性

これらを考慮すると、プログラミングスキルを養うためにプログラミング教室に通わせる必要はあるかもしれません。

 

かと言って、今すぐにプログラミング教室に通わせないといけないこともないので、

  • 子どもがプログラミングに興味がある
  • 少しでもプログラミングスキルを学ばせたい

という場合のみ、プログラミング教室にお子さんを通わせたらいいと思います。

 

もし、上記意外のママさん達は、家でできるプログラミング教育は実践しておいた方がいいでしょう。

絵本、アプリ、プログラミングトイやロボットなどで、お子さんがプログラミングに興味を持ってくれるかもしれませんし、焦らずに始めて行きましょう。

 まとめ

この記事で解説したり、紹介したことを簡単にまとめていきます。

まずは親が準備するべき3つのことは、

  • 親の意識を変えてプログラミングを知る
  • タブレットやパソコンを持たせてあげる
  • 家でできるプログラミング教育をさせる

 

次に家でできるプログラミング教育3選は

  • 絵本
  • アプリや学習サービス
  • プログラミングトイ、ロボット教材

 

最後にプログラミング教室に通う必要はあるのかについてです。

  • お子さんの将来のことを考えるならプログラミング教室に通わせることを視野に入れるべき。
  • 小学校のプログラミング教育に付いていくだけでいいのならプログラミング教室に通う必要はない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA