口コミ・評判

【受講者が暴露】コードキャンプ(CodeCamp)を受けた方がいい理由|評判・口コミ

ジョン
ジョン
元ITエンジニアブロガーのジョンです。現在はフリーランスで活動しています。
コードキャンプ(CodeCamp)が気になっているけど、実際どんなスクールで評判はどうなのか気になる!
ジョン
ジョン
そういった方のためにコードキャンプ(CodeCamp)受講者からITエンジニアになった僕が”リアル”な情報をお伝えします!

この記事を読めば、コードキャンプ(CodeCamp)を選ぶか迷っている方の疑問をすべて解決でき、自分に合ったスクールなのか分かるようになります。

 

なぜなら、これから紹介するコードキャンプ(CodeCamp)の情報は元受講生だった僕と、その他10人くらいの体験談と、コードキャンプ(CodeCamp)担当者に聞いたことをまとめているからです。

お伝えしたい内容
  1. 元受講者が感じたコードキャンプ(CodeCamp)の特徴4つ
  2. コードキャンプ(CodeCamp)のメリット・デメリット
  3. コードキャンプ(CodeCamp)の学習効率をアップさせる6つのコツ
  4. 合う人・合わない人チェックシート
  5. 気になる疑問を担当者にぶつけてみた

僕はフリーターでプログラミングの知識はゼロから、コードキャンプ(CodeCamp)に通い、ITエンジニアになることができました。

記事最後にコードキャンプ(CodeCamp)のお得な情報(クーポン)もあるので読んでみて下さい。

目次

コードキャンプ(CodeCamp)の受講生だった僕が思う特徴【口コミ・評判】

当時、プログラミング初心者だった僕は『Webマスターコース』を受講しました。

当時、コードキャンプ(CodeCamp)の無料体験で担当者におすすめされたから選んだのが『Webマスターコース』です。

ジョン
ジョン
コース選びは必ず、無料体験で担当者に自分に合うコースを聞きましょう!
  1. 講師(メンター)
    僕が感じた講師(メンター)の雰囲気や質の感想を紹介しています。
  2. 受講料金(価格)
    『Webマスターコース』は2ヶ月/14万円なので大きな出費です。しかし他のスクールと比較してみると安い?!
  3. 受講スタイル
    実際に受講したときに感じたこと
  4. 就職/転職サポート
    プログラミング学習後に受けれるサポートの実態

コードキャンプ(CodeCamp)の講師(メンター)

コードキャンプ(CodeCamp)の講師(メンター)が全員、現役エンジニアです。大手IT企業出身者や起業経験のある人もいるのが驚きのポイントですね。

時間帯と講師の写真の2つから講師を自由に選択することができます。

認定マークが付いている講師は、受講生からの人気が高いです。認定マークは金、銀、なしの順で人気があります。

ジョン
ジョン
もちろん、講師には当たり外れがあるので注意が必要です。プロフィールやレビューを先に見ておきましょう!

自分のことを理解してくれているから、教えてもらう講師はなるべく同じ人がいい。お気に入りの講師のいる時間帯に授業を入れるようにしよう!

 

コードキャンプ(CodeCamp)での講師歴が長い先生はオススメの確率が高かった件【体験談】

ジョン
ジョン
コードキャンプ(CodeCamp)を何度も受講していらからこそ分かったことがあります。

コードキャンプ(CodeCamp)で何十回レッスンを受けた僕の体感としては長くコードキャンプ(CodeCamp)で講師をされている方は教え方も上手で「またレッスンを受けたいな!」と思うことが多かったと思います。

 

良い講師を探すなら、プロフィールに書いてある経歴と講師歴は必ずチェックしましょう!

コードキャンプ(CodeCamp)としての講師歴は1つのポイントになる!

コードキャンプ(CodeCamp)の受講料金は高いのか?低いのか?

1番気になるポイントですよね。コードキャンプ(CodeCamp)の1番安いコースプランでも148,000円するので”安い”とは言い難いです。

 

ジョン
ジョン
確かに僕もそう思っていました。しかし他のスクールと比べてみると案外、そうでもないんです。

 

プログラミングスクールの安いとされる基準は月額10万円となっています。ではコードキャンプ(CodeCamp)はどうでしょうか?

6ヶ月4ヶ月2ヶ月
マスターコース298,000円248,000円148,000円
プレミアムコース398,000円348,000円248,000円
プレミアム+コース698,000円498,000円398,000円

大体月額だと、5~10万円に収まっています。コードキャンプ(CodeCamp)の受講料金は安い部類に入るんです。

コードキャンプ(CodeCamp)の無料体験を試してみる

受講料金なんて案外カンタンに回収できる

僕が受講したのはWebマスターコースの2ヶ月プランだったので料金148,000円でした。(実際、1万円安い138,000円でした。詳細は記事最後で紹介しています。

 

14万円…実はプログラミングを2ヶ月しか学んでいない僕ですら、1ヶ月でお仕事を受注し回収できました。

 

今の時代、ITエンジニアが不足しまくっていてクラウドワークスなどを使えば、すぐに仕事を見つけられます。

ジョン
ジョン
って、当時そんなこと知らなかったのですが、コードキャンプ(CodeCamp)に入った自分を少し褒めたいです笑

受講スタイル(マンツーマン)って実際どんな感じなのか?

オンラインでマンツーマンレッスンを受講できるのがコードキャンプ(CodeCamp)の最大の特徴です。下の動画が実際のレッスン風景です。

 

ジョン
ジョン
正直に言ってこれが理由で僕はコードキャンプ(CodeCamp)を選びました。

 

コードキャンプ(CodeCamp)のレッスンでは、Googleハングアウトというビデオ通話を使って受講します。

このGoogleハングアウトが20回に1回程度の確率で、音声が途切れていまったりと不具合がおきます。もちろん、そのレッスン分の受講料はチャラにしてくれますが、こちらも時間を用意してたので残念な気持ちになりました。

  • 毎日 7:00~23:00まで開講
  • オンラインでマンツーマン

オンラインのビデオ通話での顔出し問題について

オンラインレッスンの際、どうしても顔出しは恥ずかしいからしたくないという方が多いらしいです。でも、その心配は無用です。

コードキャンプ(CodeCamp)のビデオ通話はカメラをオフにさえすれば、音声のみでレッスン受講することが可能です。

就職・転職サポート

コードキャンプ(CodeCamp)は就職/転職サポートが充実しているのでも有名です。僕はコードキャンプ(CodeCamp)から就職したわけではないですが、魅力的なサービスだと思います。

 

この就職/転職サポートは追加料金なしで利用することができ、専任キャリアアドバイザーが入社の面談をはじめ、履歴書作成や自己分析・面接対策でのサポートをしてくれます。

 

「将来的に技術を磨いてフリーランスになりたい」「エンジニアになり長期的に活躍したい」と強く思う方には、CodeCampGATEのコースをおすすめします。条件はありますが、就職・転職に成功したら受講費用全額返金してくれます。

ジョン
ジョン
コードキャンプ(CodeCamp)も就職/転職サポートはあるが、就職/転職をさらに後押ししてくれるのがCodeCampGATEです。

コードキャンプ(CodeCamp)を選ぶメリット・デメリット

続いてはメリットとデメリットを見ていきましょう。

  • 経験豊富な現役エンジニアが教えてくれる
  • いつでもどこでもレッスンを受講できる
  • マンツーマンだから質問し放題
  • 受講生の年齢層が幅広い
  • 料金がかなり低コスト
  • オフライン通学で教えてもらえない
  • 1ヶ月の短期間コースがない

 

メリット①:経験豊富な現役エンジニアが教えてくれる

CodeCampは、過去のエンジニアとしての経験豊富さはもちろんのこと、講師としての指導スキルUPの訓練を行っているようです。

 

類選考→面接→模擬レッスンという選考を行って、講師基準に合格した講師のみがレッスンを担当しています。また、随時、講師のレッスンを運営側で見学し、指導スキルに問題のある講師は、再トレーニングするなど、講師の品質を保つための制度を設けているので安心ですね。

現役エンジニアの質は業界トップレベル

メリット②:いつでもどこでもレッスンを受講できる

ビデオ通話によるオンラインレッスンを採用しているので、地方の方でもレッスンを受講できます。

 

仕事で忙しいときでも、気軽にレッスンを受けられるのが良かった‼

オンラインレッスンは365日・朝7時~夜23時40分までやっているので、仕事終わりや、学校終わりでもレッスンの受講ができます。

レッスン当日予約・当日変更も可能

メリット③:オンラインマンツーマンだから質問し放題

マンツーマンってオンライン通学とオフライン通信どっちがいいんですかね?

下記は実際のCodeCamp受講生の経験談です。

オンラインマンツーマンを実際に体験してどうでしたか?
理想は一人のエンジニアを対面でリアルに教えてもらうことですけど、それって中々実現が難しいですよね。以前、リアルのセミナーに行きましたが、教科書を渡されて、それを独学で進めていくという感じでした。マンツーマンと言っているにも関わらず、たまに歩いてくる先生に質問ができる程度で、価格も高かったですね。CodeCampではオンラインだからこそ、本物のマンツーマンレッスンが実現できているのだと思います。

メリット④:受講生の年齢層が幅広い

CodeCampには比較的に幅広い年齢層がいます。今からCodeCampに登録する人は何かと気になるポイントではないでしょうか?

20代・30代が多いということは、それだけ20代・30代の人たちに人気ということが分かります。

メリット⑤:料金が低コスト

実はCodeCampはプログラミングスクールの中でかなり料金が安いうちに入って来ると思います。

2ヶ月4ヶ月6ヶ月
マスターコース148,000円248,000円298,000円
プレミアムコース248,000円348,000円398,000円
プレミアムプラスコース398,000円498,000円698,000円

※マスターコースが一番人気です。

プログラミングスクールは月額10万円を切ってくると、安いと言われています。CodeCampでは、1ヶ月あたり7万~5万円に抑えれているので格安と言えるでしょう。

デメリット①:オフライン通学で教えてもらえない

オンラインレッスンだと、モチベーションが維持できないや自分に合わないという方もいると思います。そういった方にはCodeCampはそぐわないかもしれません。

 

もしもオンラインとオフライン通学の両方でプログラミングを学びたいって方にはTech Boost(テックブースト)がおすすめです。
≫無料カウンセリングはコチラ

 

更新情報:2019年1月4日

CodeCampでは定期的にイベントを開催しています。ITコンサルティングのフューチャーアーキテクト社からコンサルタントをお招きし、最先端のディープラーニング講座や統計学基礎セミナーを開いたり、初めてプログラミングを触る方向けのECサイトを作るセミナーも。

他にも、普段オンラインの講師と生徒がリアルに会う交流会も開催しています。

デメリット②:1ヶ月の短期コースがない

CodeCampは最短でも2ヶ月コースしかないです。学生や社会人の方で長期休暇に一気にプログラミング学習を詰め込みたいって方には合わないでしょう。

 

最短1ヶ月でプログラミングを学びたい方はTechAcademy [テックアカデミー]がおすすめです。1週間無料体験もあるので試してみてください。
≫1週間無料体験はコチラ

TechAcademy(テックアカデミー)全29コースと料金を徹底解説 と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。 今まで全30以上のプログラミングスクールを調べて...

私の体験談によるコードキャンプ(CodeCamp)の学習効率がアップする受講方法を紹介

ジョン
ジョン
このコードキャンプ(CodeCamp)受講方法の効果には自身があります!

これは僕が昔、コードキャンプ(CodeCamp)での体験談から感じたことなので自身を持ってオススメできます。

「学習効率がアップする受講方法」なんて言うと、大げさに聞こえてしまいますがそんなことはありません。

 

実際にこの受講方法で僕は、コードキャンプ(CodeCamp)で学び、ITエンジニアになり、今はフリーランスで活動しています。

この受講方法を実践すれば、10~20万円も払って受講するレッスンなら少しでも学習効率をアップさせれると思っています。

『初回~5回目』の授業のオススメの進め方

『初回~5回目』は1番大切な期間です。この期間に『より自分に合う講師(メンター)探し』をするといいです。

最初の5回は『講師歴の長い講師はオススメ?』の手段などを用いて、毎回違う講師を選びましょう!

自分にマッチした講師を初めの段階で見つけてしまえば、その後の学習効率に大きな差が出るのは間違いないですよね?

初回~5回目:より自分に合う講師探し

 『5回目~』その後の授業の進め方

学習の軸になるいい講師(メンター)を決まったら、その講師に徹底的にレッスンしてもらいます。

あっちこっち講師を行ったり来たりするのは効率がかなり悪いと感じました。

講師を絞ると、こちらの成長や個人的な会話を理解してくれるので最大限のマンツーマン学習の効果を発揮します。

ジョン
ジョン
仲が良くなれば、授業自体が楽しくなりますし、現役エンジニアに聞きたいことを質問し放題です(ほどほどに笑)

5回目~:お気に入りの講師にレッスンをしてもらう

たまに違う講師のレッスンも受けてみる

これも意外と大切なことです。

やはりお気に入りの講師を見つけたと言えど、毎回レッスンを予約できるわけでもありません。

お気に入りの講師のレッスンに予約できなかったとしても大丈夫です。

たまに違う講師のレッスンを受けることも気分転換になります。実はプログラミングの方法(正解)って1つじゃないんです。

色々な実現方法があるので違う講師のレッスンを受けると気付きが生まれ、プログラミングに対して広い視野向き合うことができるようになります。

その他の学習効率アップのコツ

他にも挙げると無限に出てくるので残りはカンタンに紹介しておきます。

  • ちょっと予習してレッスンに挑む
  • レッスンの連続予約はかなり効率UP
  • 提出課題は妥協せず全力で取り組む

ここで学んだ学習効率をアップする方法をすぐにアウトプットしましょう!

コードキャンプ(CodeCamp)無料体験に申し込む≫

合う人合わない人チェックシート【試してみよう】

ここまで読んでくださった方なら、コードキャンプ(CodeCamp)について分かってきていると思います。

でも、まだ自分に合うか合わないかが分からないよ!って方も多いんじゃないでしょうか?

ジョン
ジョン
ぜひこのチェックシートを使って見て下さい。
合う合わないチェックシート
いつでもどこでも自由に学ぶ環境が欲しい
自分の学習ペースで進めたい
就職/転職を考えている
仕事などで忙しく、時間がない
AIやブロックチェーンなど最新言語は学ばない

上記の合う合わないチェックシートで3項目以上に当てはまった方にはコードキャンプ(CodeCamp)をオススメします。

コードキャンプ(CodeCamp)無料体験に申し込む≫

気になる疑問をコードキャンプ(CodeCamp)担当者にぶつけてみた

僕は改めてコードキャンプ(CodeCamp)の無料体験に申し込み、Twitterで募集した気になる疑問を担当者に以下の4点を聞いてみました。

  1. 今、人気のコースは?
  2. 受講生ってどんな人がいるのですか?
  3. 人気のプログラミング言語を教えて下さい。
  4. オフラインでの学習交流はありますか?

 今、コードキャンプ(CodeCamp)で人気のコースは?

実は圧倒的に「マスターコース」を受講されている方が多いです。

お得に学べるということもあるかもしれませんが、せっかく始めるなら自分でWEBサービスを作れるようになりたいという方が多いです。

それからデザインも一緒に学べる「マスター&デザインパックコース」や「iPhone」「Android」は人気が高いですね。

コードキャンプ(CodeCamp)の受講生ってどんな人?

これは意外な答えを貰いました。主に以下3つの理由でコードキャンプ(CodeCamp)に通っている人が多いそうです。

  • プログラミングをまったく触れたことがない方
  • 今までに書籍やWEBサイト、他のスクールで学習したけれど習得まで至らなかった方
  • 平日忙しくて通学型に通えない方

また年代は高校生から高齢者まで幅広く、社会人が8割も占めているそうです。

最近ではテレビ取材があって女性の申し込まれる方が増えているとのことです。

コードキャンプ(CodeCamp)で人気のプログラミング言語は?

これは人それぞれなポイントですが、一応聞いてみました。

やはり、1番妥当なHTML、CSS、JavaScript、PHPが人気のようです。アプリを作りたい方はSwift、Javaが人気です。

ジョン
ジョン
学びたいプログラミング言語が決まっていない方は慎重に選びましょう!僕のように無料体験のときに担当者に質問してみるのもいいです。
【2019年】年収の高いプログラミング言語は?ランキング20選|初心者必見です プログラミングをこれから学ぼうとする人や、まだ学習期間が浅い人にとってプログラミング言語選びは大きな悩みの1つで...

オフラインでの学習、交流の機会ってあるの?

定期的にオフラインイベントを開催しているそうです。

ITコンサルティングのフューチャーアーキテクト社からコンサルタントをお招きし、学習セミナーを開いてるんだって。

他にも、普段オンラインの講師と生徒がリアルに会う交流会も開催しています。

コードキャンプ(CodeCamp)無料体験に申し込む≫

まとめ+1万円割引クーポン

僕が知りうる全てのコードキャンプ(CodeCamp)の知識をあなたにインプットしました。

コードキャンプ(CodeCamp)でプログラミングを学び、自信・スキル・夢を掴んでください。

 

ジョン
ジョン
でもインプットだけじゃダメ!アウトプットをしてこそ、最初の一歩です。

 

今、この記事でインプットした情報を無駄にしないようにしましょう。

今ならコードキャンプ(CodeCamp)の無料体験を受けた人だけに1万円割引クーポンが配布されています!

現役エンジニアの方とオンラインでマンツーマンを受講できます。

無料体験のお申込みは40秒でカンタンに完了します。あとは無料体験でアウトプットをして最初の一歩を踏み出しましょう!

 

コードキャンプ(CodeCamp)無料体験に申し込む≫

 

TechAcademy(テックアカデミー)全29コースと料金を徹底解説 と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。 今まで全30以上のプログラミングスクールを調べて...
Tech Boostの特徴・評判|ブロックチェーンを学べるプログラミングスクール 【料金33%OFFクーポン配布中】 Tech Boostの3ヶ月受講料金が最大10万円も安くなるキャンペーン開催中です。 ...
【保存版】D-SCHOOLオンラインをレビューする|メリットとデメリットは?D-SCHOOLはこんな人にオススメです。 これからプログラミングを学んでみようと思っている小学生 家から通える場所...
【体験談】Tech Boost無料カウンセリング受けてみた|予約方法や評判を解説! こんな悩みを解決する記事となっております。 テックブーストはプログラミングスクールのなかでも後発のサービスです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA