プログラミングによる子どもの収入面

早いうちにプログラミング学ばないと損!子どもが得をする3つのこと

2020年から小学校でプログラミング必修化されることが決まってから、プログラミング教育ブームみたいなっています。

しかし、以下のような疑問を持つママさんも多いのも事実なんです。

  • なんで小学校でプログラミングを学ぶ必要があるの?
  • プログラミングなんて出来なくても生活に困らないんじゃ?
こういった疑問を持っている人はこの記事を読んでみてください。

この記事では、子どもにうちにプログラミングを学ぶメリットを紹介していきたいと思います。

小学校で学ぶ『プログラミング教育』について

すでに知っている方は飛ばしていただいて構いません。

小学校のプログラミング必修化にありがちが誤解を説明していきたいと思います。

 

プログラミング必修化と聞くと、パソコンを使ってプログラミングスキルを学ぶとイメージされると思います。

しかし、小学校で2020年から必修化されるプログラミング教育は、本格的なプログラミング言語の使い方を学ぶわけではないんです。

 

じゃ、何を学ぶのかと言うと、小学校では下の2つを学びます。

  • 身の回りにIT技術が溢れていることを知り、興味を持つこと
  • プログラミングをする上で役立つ”考え方”を身に付ける。

と、こんな感じでガチガチなスキルを学ぶわけではないと言うことを知っておきましょう。

ママは小学校のプログラミング必修化を誤解してる?内容や実態を徹底解説2020年、ついに小学校で必修化される『プログラミング』ですが、まだイマイチ分かっていないというママさんも多いでしょう。 ...

子どものうちにプログラミングを学ぶメリット3選

大学受験で周りと差をつけられる

現在、2024年以降の大学受験に『情報科目』としてプログラミングの導入が検討されています。

これは本格的なプログラミング言語の試験内容になるとよそうされていますが、英語と同じで小さい頃から始めておくとかなり有利になります。

 

さらに国語や数学の問題でも、思考力を求められる記述問題が増えたりなど、プログラミング教育の重要性が際立っています。

「大学受験にプログラミング導入」子どもが競争に勝つためにするべき行動2020年の小学校プログラミング必修化から始まり、中学・高校もプログラミングを学ぶようになります。 そんな中、政府から『未来投資戦...

就職の選択肢が大幅に広がる

『プログラミング』と言えば、IT人材を連想すると思います。

このIT人材が2030年に90万人もの人材不足になると言われています。

90万人も人材不足になる背景として、

  • AIブームが到来する。
  • すべての家電や車がネットに繋がる

この2つがあります。

IoT時代の到来とともに、ありとあらゆるモノがインターネットとつながりつつあります。

プログラミングができるということは、これからも拡大し続けるプログラミング市場で働く可能性が得られるということなのです。

今の子どもは3人に2人は、新しい職種に就くと言われています。その新しい職種がプログラミングを使う可能性はかなり高いんです!

社会人になって役に立つ能力を養える

プログラミングを学ぶことで得られる能力は、プログラミング言語だけではないんです。

プログラミングを学ぶことで下の5つのスキルを養えます。

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力
  • 創造力
  • 課題発見・解決能力
文系の道に進むなら、プログラミングは関係ないよね?

って思っているママさんは比較的に多いですが、これは間違いです。

 

例えば、プログラミング教室でこれら5つの学ぶ手順を説明します。

  1. プログラミングを組んだ時に失敗したら、間違いを発見し、訂正します。(課題発見・解決力)
  2. 次に、数人のチームで1つのプログラムを完成させていきます。(コミュニケーション力)
  3. そして他の子たちにチームで作ったプログラムを発表します。(プレゼンテーション力)
  4. 少しプログラミングの知識がついてくると、自分でプログラムを完成させ、1つの作品を作ります。(創造力)
  5. 最後に、プログラミング言語を書いている間に(論理的思考力)を鍛えられます。

 

これらの能力は『段取りをスピーディにこなし、問題点は発見し、解決する』ことができるようになります。

さらに社会人になれば、プレゼンテーションが増えますが、これも慣れたようにこなせます。

プログラミングを学ぶことで『レベルの高い人材』を目指せるようになれるんです。

まとめ

「うちの子どもにはプログラミングなんて関係ないでしょ。」と思わずに、将来を見栄えて準備をしていきましょう。

今までの『英語』と同じ感覚で、プログラミングスキルを持っているだけで強みになります。

食わず嫌いをしないで、一度はお子さんにプログラミングを触れさせてみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA