スクールの選び方

たったの1記事でド素人でも分かる『PHPの環境構築』の方法・手順を教えます。

ジョン
ジョン
どうも!エンジニアのジョンです。新しくPHPを学ぶため、環境構築の方法をネットで調べていたのですが、本当にどのサイトも分かりずらく困りました。
PHPが全く分からなくて、初心者のために必要最低限のPHP環境構築の方法を知りたい!

っと、こんな感じに僕もなったので、今からPHPの環境構築を始めようとしている初心者の方に向けて必要最低限の分かりやすい方法・手順を教えていこうと思います。

 

この1記事を読むだけで『PHPの環境構築』が完成します。

 

この記事を読み終える頃には、ド素人の方でもPHPの環境構築の方法を理解できるようになっています。(僕ができたように)

 

それではササッとPHPの環境構築を終わらせて行きましょう!

ジョン
ジョン
ド素人や初心者向けの解説記事なので、難しい説明は一切省いています。必要最低限で最速で終わらせます。

PHPの環境構築に必要なツール

まずはPHP環境構築に必要なツールを紹介します。

  1. PHP
  2. Apache(サーバ)
  3. MySQL(データベース)
  4. Visualstudio 2017(エクスプローラー)
  5. TeraPad(テキストエディタ)

この5つのツールを導入すれば、PHP環境構築はできます。それぞれが何なのかは難しいのでここでは解説していません。

では必要なツールが分かったのでそれぞれのインストール方法と設定の方法を説明していきます。

PHP環境構築ツールのインストール方法・手順

上記で説明したとおり、PHP環境構築には5つのツールが必要です。

  1. Apache(サーバ)
  2. MySQL(データベース)
  3. PHP
  4. Visualstudio 2017(エクスプローラー)
  5. TeraPad(テキストエディタ)

この5つあるのですが、実は①~③は『XAMMP』というもので一気にインストールできてしまいます。

そのため今回、必要とするインストール作業は以下の3つになります。

  • XAMMP
  • Visualstudio 2017(エクスプローラー)
  • TeraPad(テキストエディタ)

 

ジョン
ジョン
ここからは記事を読みながら、平行して同じ作業をしましょう!
全て1記事で解説してくれるんですねー。
3つを順番に読みながら、インストールと設定を進めます!

『XAMMP』のインストール・設定方法

それではPHP本体・Apache(サーバ)・MySQL(データベース)の3つを一括でインストールできる『XAMMP』の導入方法を紹介します。

①XAMMPをダウンロード

まずはApache Friendsにアクセスします。

Windowsのパソコンをお持ちの方は「上の画像の赤枠」をクリックします。Macをお持ちの方は「上の画像の青枠」をクリックしてください。

クリック後、下の画像が表示されます。その間にダウンロードが自動で開始されているので待機します。

ここでダウンロードしたファイルが「xampp-win32~~installer.exe」になります。

これは「32bit版Windows」のインストーラーになりますが、「64bit版Windows」にも使用することができるので、ご安心ください。

②XAMMPのインストール

先ほどダウンロードした、「xampp-win32~~installer.exe」をダブルクリックします。

もしも下の画像にある表記が出た場合、「Yes」を選択します。

次に下の画像が表示されるので「Next」をクリックします。

次に下の画像が表示され、インストールするソフトウェアを選択します。今回は全てにチェックを入れて「Next」をクリックします。

※既にインストールされているソフトウェアはチェックできません。

続いてインストールする先のフォルダを決めます。

ここでは「C:\xampp」を入力して、「Next」をクリックします。

次に下の画像が表示されます。緑の枠内のチェックは外してから「Next」をクリックします。

次に、下の画像が表示されるので「Next」をクリックします。

最後にインストール中の画面が表示されます。一般的なPCで10分程度で終わるかと思います。

インストールが終われば、下の画像が表示されます。緑枠内のチェックを入れて、「Finish」をクリックで完了です。

ジョン
ジョン
XAMMPのインストールお疲れ様です。
普段XAMPPを使う場合は「スタートボタン」→「XAMPP」→「XAMPP Control Panel」をクリックすると開きます。

③XAMMPの設定方法

XAMMPで使うソフトウェアのApache・MySQLの使い方を紹介していきます。

 

下の画面の赤枠内にある2つのチェックを入れます。

すると、次に下の画像のように緑に変われば作業完了です。

ジョン
ジョン
これでApache(サーバ)とMySQL(データベース)とPHPはインストール完了です。簡単でしたよね?
この続きで残りの2つをインストールしていきましょう。

Visualstudio 2017のインストール・設定方法

①Visualstudio 2017のダウンロード

まずこのリンク先のMicrofoftの公式ページにあるVisual Studio 2017のダウンロードページからファイルをインストールしてください。

ページを少しスクロールすると下の画面にある赤枠のダウンロードボタンが出てきます。

次に下の画面が表示されるので、ここでは赤枠のコミュニティ」をダウンロードします。

②Visualstudio 2017のインストール

それではインストールしていきます。

先ほどダウンロードしたものから赤枠のアイコンのアプリケーションを開いてください。

ファイルを開いて実行すると、プログラムに変更を加える許可を求められるので「はい」を選択します。

すると下の画面が表示されるので「続行」をクリックして、アプリケーションが起動するのを待ちます。

 

次に下の画面が表示されますので、画像にある通りに3つのチェックを入れていけば大丈夫です。

チェックを入れれば、右下の「インストール」をクリックです。

インストールが終了すると下の画面が出てきたあと、再起動を要求されるので再起動しましょう。

再起動した後VisualStudioを起動してみましょう。見つからない場合は左下の検索窓でVisualStudio2017と検索してみましょう。

起動するとMicrofoftアカウントでのログインを要求されるのでログインしてください。(ない場合は登録)

それが終わると下の画面が出てきます。そうすればVisualStudioは無事インストール終了です。

ジョン
ジョン
Visualstudio 2017のインストールお疲れ様です。これで完了です。

TeraPad(テキストエディタ)のインストール・設定方法

次はTeraPadをインストールしていくのですが、はっきり言ってこれはなくて大丈夫です。

最悪、元々入っているWindowsのメモ帳でも代用できます。

ジョン
ジョン
今後、PHPを学ぼうとしているのであれば、TeraPadはシンプルで無駄な機能がないのでおすすめです!

リンク先に「窓の社からダウンロード」というボタンがあるのでクリックすれば完了です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、紹介したPHP環境構築に必要なツールをインストール・設定できたでしょうか?

初心者にも分かりやすいように解説したのですが、分からないところがあれば、お問い合わせしてもらえば、お答えします!

【初心者必見】後悔しないプログラミングスクールの選び方|8つのコツとは?! と疑問を抱えているブログ初心者の悩みを解決できる記事になっています。 なぜなら、これからご紹介する『失敗しないプロ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA