スクールの選び方

【初心者向け】プログラミングスクールの失敗しない選び方

今回は初心者のためにプログラミングスクールの選び方について紹介していきます。

【初心者必見】後悔しないプログラミングスクールの選び方|8つのコツとは?! と疑問を抱えているブログ初心者の悩みを解決できる記事になっています。 なぜなら、これからご紹介する『失敗しないプロ...

ぶっちゃけプログラミングスクールってどうなの?

プログラマー不足で、スクールが増えている

現在、エンジニア不足が深刻化しているIT業界。なんと人材不足職業のランキング1位に「プログラマー」が入っています。

 

ジョン
ジョン
実際に私がプログラマーとして働いていると、現時点だとめちゃめちゃ足りていないです。

そのため給与水準が高く、全職業の平均年収400万円と比べ、ITエンジニアの平均年収は600万円あります。さらに、将来的にITエンジニアの需要が見込めると言われています。

独学でもOK。でもスクールで習ったほうが早いです【絶対に】

例えば、プログラミングは無料サービスがたくさんあります。「プログラミング学習 無料」などで検索するとたくさんの無料学習ツールがでてきます。

ただ、スクールに通った方が速く的確にプログラミングを学ぶことができるだけなんです。

詳しい理由については記事後半で解説しています。

プログラミングスクールは言語選びから!

プログラミングには色々な言語があります。

例えば、Web、アプリ、データ分析(AI)、金融、ゲームなどがありますが、最初は気になる言語からで大丈夫です。もしも迷うなら、Web系が一番需要があるのでおすすめです。

ジョン
ジョン
プログラミング言語選びに迷っている方は現役エンジニアに相談できる無料カウンセリングを受けてみましょう!
自宅で受けれる無料カウンセリングに申し込む≫

初心者なら、Web系がオススメ

初心者にWeb系がオススメな理由は3つあります。

  • デザインよりなので、理解しやすい
  • 仕事が豊富で、就職&独立しやすい
  • プラットフォームに依存していない

例えば、プログラミングの作業って黒い画面にコードをずっと打ち込んでいくと思われがちですが、Web系はもっと分かりやすい作業が多いんです。なので初心者の方でも理解がしやすいんです。

 

就職や独立をする際に、Web系は単価が低いものから高いものまで案件数が多いです。そのため、エンジニアでもWeb系を扱っている人が多いです。

Web系のプログラミング言語としてはPHPRubyがメインで使われています。

 

Web系は他の言語と比べ、プラットフォームに依存していません。例えば、iPhoneアプリだとSwiftというプログラミング言語を使うのですが、これってAppleにかなり依存していて、Appleが廃れるとSwiftも使われなくなります。

その一方でWeb系だったら、Web系という会社があるわけではないので、どこか1社に依存していないですよね。なので総合的な安定性を考えた時、Web系は仕事が多く、安定性があるので初心者にオススメです。

プログラミングスクールは、どこも大差ない?!

プログラミングの基礎学習はやることが決まっているので、各スクールでカリキュラムを独自で作っているのですが、そのカリキュラムに大差があるかと言われるとないです。

スクールの差はメンター(講師)の質で変わってきます。メンター(講師)は現役エンジニアに教えてもらうのですが、そこの部分をスクール選びの時に重要となってきます。

 

一応、プログラミングスクールをどれにするか悩んでいる初心者のためにおすすめのスクールを5校ピックアップしておきました。ぜひ、スクールを決めていない方はこの5校をチェックしておきましょう。

初心者でも失敗しないおすすめプログラミングスクール5選【無料体験あり】 初心者の悩みで一番多いのが「プログラミングスクールの数が多すぎて、どれがいいのか分からない!」なんてことも。 ...

迷う時間はもったいない、動くべき。

プログラミングを始める方に多いのが、スクール選びや独学において迷う方が多いです。

まずは始めて見ないと、プログラミングが本当に自分のためになるのか分からないです。運良くも、プログラミングスクールの多くは無料体験や無料カウンセリングがあるのでまずやってみましょう。

無料体験や無料カウンセリングで飽きたらやめてもいいです。まずは動いてみることがあなたにとって大きなことでしょう。

まとめ:プログラミングスクールは安すぎる

以上、初心者に向けていろいろと語ってきましたが、私が思うにプログラミングスクールに通うのが一番の成功の道です。

ジョン
ジョン
とは言っても、プログラミングスクールの受講料金高いじゃん・・・

確かにどのスクールも20~30万円くらいかかりますが、実際に実際にスキルを身に着けちゃえば簡単に回収できるはずです。企業からWeb制作を受注した場合だと、金額感としては次のとおり。

  • 大手企業が発注するWeb制作代金:300万円以上
  • 中小企業が発注するWeb制作代金:30万円以上
  • クラウドソーシングサイトのWeb制作代金:10万円程度

プログラミングスクールにお金を払ってもすぐに回収できることが分かるかと思います。実際、私の周りでもフリーランスで食っている人は山ほどいます。例えば、フリーランスで10万円程度の仕事ならたくさんあるので、それを3つ受注すればスクール代を稼ぐことができる訳で。。。

【初心者必見】後悔しないプログラミングスクールの選び方|8つのコツとは?! と疑問を抱えているブログ初心者の悩みを解決できる記事になっています。 なぜなら、これからご紹介する『失敗しないプロ...
初心者でも失敗しないおすすめプログラミングスクール5選【無料体験あり】 初心者の悩みで一番多いのが「プログラミングスクールの数が多すぎて、どれがいいのか分からない!」なんてことも。 ...
2019年版!安いプログラミングスクール9選まとめ‼一番コスパ良いのはどれ? 今回は以下のような質問に答えていきます。 「プログラミングスクールって結局、どこが安いの?」 「安い受講料金...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA